インドネシア語技能検定試験 ホーム | メルマガ登録 | よくあるご質問  |  サイトマップ 
インドネシア語検定とは検定のメリット受検案内受検のお申し込み受検者へ
主なメリット単位認定大学インドネシア語を履修できる大学・高校インドネシア語スクール
ホーム>検定のメリット
検定のメリット



1. 大学の単位認定や合格者を顕彰

  取得級によりインドネシア語科目の単位として認定したり、合格者を顕彰する大学もあります。
  また、数多くの大学で検定試験の過去問題を授業の教材として取り入れています。
 
  検定試験単位認定大学(順不同)
  ・ 神田外語大学(全学部)
  ・ 京都産業大学(外国語学部言語学科インドネシア語専修)
  ・ 九州国際大学(全学部)
  ・ 甲南女子大学(全学部)
  ・ 摂南大学(外国語学部)
  ・ 拓殖大学(政経学部)
  → 単位認定大学 先生からのお言葉
  → インドネシア語を履修できる大学 先生からのお言葉

2. 就職試験で優遇

  インドネシア関連団体や企業の中には、採用試験の際に上級取得者を考慮に入れるところもあります。
  → 合格証明書・推薦状

3. 昇給、昇進制度

  企業が採用の際に考慮に入れたり、社員の語学力評価の基準として取得級別の昇給表を作るなど、上級取得者を優遇する企業も増えています。
  → 合格証明書・推薦状

4. レベル判定

  インドネシア語能力を明確に測ることができるため、学習者は読解、語彙、文法、作文、リスニングなど項目別の進歩状況や得意、不得意を把握できます。このため、苦手な項目を克服することにより上達が望めるため、効率よく学習できます。そのほか、A級、B級はあるトピックについて自分の意見が自由に述べることができる会話力、特A級は、プロの通訳・翻訳者として通用する能力が評価されるため、さらなるインドネシア語能力の向上を図ることができます。
  → 結果通知書


5. 目標設定と学習意欲の向上
  
  特A級からE級まで6段階評価で、一歩ずつ着実にインドネシア語能力を向上させるための目標が設定できます。
  → 合格証

6. 通訳・翻訳者として独立

  
インドネシア語技能検定試験の最上級である特A級は通訳・翻訳のプロとして通用するレベルで、特A級取得者は、フリーの通訳・翻訳者、団体や企業のインドネシア語専門職として活躍されています。上級取得はプロの通訳・翻訳者として、インドネシア関連団体や関連企業などで、活躍の場を広げる足掛かりとなるでしょう。



受検の流れ


願書・過去問取扱店
合格証明書・推薦状
よくあるご質問


インドネシア語技能検定問題に挑戦!
特A級A級
B級C級
D級E級

インドネシア語検定公式過去問題集

検定協会ニュース

インドネシア語書籍通信販売
TOPページ
 個人情報保護方針 |  特定商取引法に基づく表示
日本インドネシア語検定協会   

提携:
インドネシア共和国教育文化省言語育成振興局
Badan Pengembangan dan Pembinaan Bahasa, Kementerian Pendidikan dan Kebudayaan, Republik Indonesia (Badan Bahasa)
国際インドネシア語教育学会
Afiliasi Pengajar dan Pegiat Bahasa Indonesia bagi Penutur Asing (APPBIPA)

Copyright © 2010 HIPUBI. All rights reserved.